HOME>ホイールが傷つく理由

ホイールが傷つく理由

ホイールが傷つく理由

愛車の洗車はガソリンスタンドで行っている方もいれば、自宅でお手入れしている方もいらっしゃるはずです。自分で愛車の手入れをすることによって愛着が湧きますし、車の細かい傷や不具合なども見つけやすいというメリットもあります。しかし、車の足回りを洗車している時にホイールの傷を見つけてショックを受けたという方も多いのではないでしょうか。ホイールが傷つくのにはどういった原因があるのでしょうか。

縁石に擦る

運転に慣れていない方は、車幅の感覚が掴めず縁石に擦ってしまうことがあります。縁石と接触してしまうとほとんどの場合はホイールに傷がついてしまいます。傷だけであればリペアすることが可能ですが、ホイールの形状が変形してしまうと走行に悪影響を与える原因になります。

走行中の飛び石がホイールに当たっている

道路には小さな石がたくさんあり、高速で回転しているタイヤと接触して飛ばされ、ホイールに当たって傷をつけてしまうことがあります。傷の程度は石の大きさや飛んでくる速度によっても変わりますので、細かい傷だけの場合もあれば、ホイールが欠ける場合もあります。交通量の多い道路であれば隣で走る車からの飛び石でホイールが傷つく場合もありますので、気をつけていても避けられないことも多いです。未舗装路の場合は大きな石も多くありますので、走行する時は注意する必要があります。

洗車時に傷をつけている

愛車を綺麗にする為の洗車ですが、場合によっては傷つきの原因となっている場合があります。洗車を行う時にはまずボディやホイールに付着した細かいホコリや砂を洗い流す必要があり、ホコリや砂が付着した状態でスポンジを使用すると傷をつけてしまいます。しっかりと洗い流したらカーシャンプーを泡立てて車全体を優しく洗うようにすると傷をつける心配もなくなります。

ホイールが傷つく原因としては上記の内容が挙げられますので、ホイールの傷が目立ってしまう場合は茨城県にある当店をご利用下さい。様々な原因でついてしまったホイールの歪みやガリ傷のリペアを行っており、他にもダッシュボードや天井の内張り、シートの張替えなど、内装関連のリペアにも対応しています。茨城で車の補修・トータルリペアをご検討中の方は是非ご利用下さい。